油溶性成分を使用する際に主体となる美容オイルについて、その種類と特徴をご説明しています。

化粧品に使われる美容オイル

オイルボックス

油溶性成分を用いる際に主体となるのはスクワランやオリーブ油、ホホバ油などがあります。
オイル美容に用いられるものはたくさんあり、特徴も異なります。お肌の悩み、好みなどで目的に合ったものを選択できます。

オイルはお肌とよく似た成分組成を持つことにより、共通した同じような性質を持っています。
 浸透性がよい
 保湿効果が高い
 お肌のバリア機能
 植物由来の物が多く、刺激が少ない
 粒子が細かくお肌によくなじむ
などがあげられます。

以下ではさらに詳しく、個々についてご説明します。

オイルイメージ

スクワラン
天然素材なのでお肌に優しい。お肌と馴染みやすく保湿効果がとても高い安心。

オリーブ油
保湿効果が高く、私たちの体内の成分と同じ物が含まれているため浸透性が非常にたかい。

ホホバ油
お肌に優しく、刺激が少ない。

マカダミアナッツOIL
お肌に取り込まれる速さがとても速く、「バニシングオイル」と呼ばれる。

椿油
平安時代から利用されている歴史の古い油。

アルガンオイル
過酷な砂漠地帯に生息する生命力の高いアルガンの木のみから抽出された貴重なオイル。

アズマカラーの製品であるオイルゲルシート
美容OILに油溶性の有効成分を溶解して作成したパックです。
ジェルシートの受託製造もおこなっています。