テストコーター

国内屈指の精度を誇るヒラノテクシード社製のテストコーター機を導入、薄膜から厚膜まで幅広い塗工厚みに対応、精度の高い塗膜でのコーティングを実現しています。
コーターヘッド部分は、カセット式となっている為、短時間でのコーターヘッドの交換が行えます。
第2給紙には、フィルム引きはがし装置がついているため、保護フィルム、離型フィルムが貼ってあるフィルムと貼り合わせることができます。
貼り合わせロールは加温が行えるため、様々なラミネート加工にも対応しています。
アズマカラーの導入したコーターは、様々な機能を盛り込んだテストコーターとなっています。

塗工機


テストコーターの作業環境は、クラス10000のクリーンルーム内に設置され、温湿度管理も行われています。
フィルム巾 300mm~600mmまで対応しているため、テスト塗工から少量生産につなげることができます。
コンパクトなコーターの為、数m ,数十m でのテスト塗工にも対応しています。
詳細はお気軽にお問合せください。




機械紹介

機械メーカー

  • ヒラノテクシード社製

方式

厚み

  • 薄膜2μ~厚膜200μ 
    液の性質、粘度・状態により方式を検討します。
    方式によって塗工可能厚みが変わります。
    厚みに関してはご相談に応じます。
ヒラノテクシード製テストコーター

乾燥炉

  • 2.1m*3ゾーン
    50℃~130℃
    1・2ゾーン
    ロールサポート フローティング選択
    3ゾーン フローティング

ラミネート部

  • ~140℃まで加温

第2給紙

  • 第2巻取が装備しているため、第2給紙にて複合フィルムであってもフィルムをはがしての貼り合わせが可能となります。
塗工サンプル

特徴

  • 最小必要溶液は2~5kgでテストが可能なため、
    (試作溶液の比重によって変わる可能性があります)
    高価な塗工溶液や、試作段階で少量しか製造できない塗工溶液でも十分に試作を行えます。
  • 塗工機械がコンパクトなため、数種類の塗工溶液を持ち込んでの作業や方式を変更しての作業など様々な要望に対応できます。

このような作業環境での機能性フィルム受託製造、テストをご希望の方はお問い合わせください。