美容の為のシート状化粧品は現在多数発売されています。昔から愛用され続けてきた美容法は変化を遂げ、よりお手軽に、簡単に効果を実感できる美容法となりました。変化の歴史とそれぞれの特徴、選び方のコツなどをご紹介します。

美容パックとは

シートやクリームなどで肌を覆い、肌の保湿や肌の汚れの除去を集中的に行う化粧品のことを指します。
紀元前の頃から、人々に愛用されてきたといわれています。ミルクに浸したパンをのせる、植物を煮詰めたものを塗る、卵や胡瓜、はちみつを使ったものなど、いつの時代も美意識のたかい女性たちに愛用されてきました。卵や胡瓜を使用したものなどは身近な材料を使って家庭でできるもので、誰もが知っている方法ではないでしょうか。しかしながらその様な方法は、とても手間のかかるものでした。

こうして歴史を振り返ってみますと美容パックってとても手間と時間がかかって面倒なものでした。しかし長きにわたり行われ、現代におよぶまで続けられてきた美容法なのです。

現在では様々な既製品が発売され種類も豊富になりました。ひと昔前主流だったのはクリームを顔中に塗って 乾かす→はがす といった形式。その後、鼻の毛穴を掃除するといったお肌の汚れを落とす目的で出始めた部分用シートパック、現在主流は顔をすべて覆うフェイスマスクでしょうか。大容量で安価になりたくさん出回っています。

美容パックは変化を遂げ、シート状が当たり前の時代となりました。シートにすることによりとても手軽で便利なものとなりました。
シート状化粧品は、手軽に肌に潤いを与え続けれる為に開発された化粧品の形なのです。

お肌のお悩みは人それぞれで、それぞれの目的に合わせてチョイスできる時代になりました。
部分的に気になる方ように開発された部分用は、特にお肌のデリケートな目もと、シワやたるみの気になる口元などに最適です。
部分用シートパックを目元にのせ、その上からフェイスマスクで顔を覆うようにご使用されている方もいるようです。

また、炭酸や泡、ジェル、オイルなど様々な種類があり、選び方ひとつで様々な効果が期待できることでしょう。
価格帯も様々で、手頃なお値段から高価なものまで多数あります。
安価なものは毎日のお手入れにプラス、気になる部分を集中的にケアしたい場合には部分用シートパックを。高価なものはは週に2~3回、または特別な日に備えて使うなど、シーンによって上手に使い分けるといいでしょう。

部分用(目もとパック・口もとパック)
ジェルパック・・・プルプルジェルでできた簡単シート。ジェルの中に美容成分が含まれているので貼ってはがすだけのお手軽美容法。液だれもなくはがれにくいので貼ったまま動き回れるのが特徴。気になる部分を集中的にケアしたい方にお勧めです。

オイルジェルシート・・・オイル成分でできたパック。保湿効果に優れ朝まで貼っても大丈夫。はがれにくいのが特徴です。化粧水・乳液・美容液などのお手入れ後に使用可能。そのまま朝まで貼ったままにしたい方に最適。

全顔用

フェイスパック・・・安価で種類が豊富。お手軽に試せます。美容成分ごとに特徴のあるものも多数登場しています。
美容成分がたっぷりと含まれているので余った美容液はほかの場所へ使えてお得。15分程度で効果があり、安価でお手軽なので毎日のケアにプラス。
ただし、長時間のご使用はお肌の水分を奪うのでお勧めしません。

部分用の目もとパックでしたらアズマカラーオリジナル化粧品の「はなうるり」を是非お試しください。

パックの化粧品受託製造にご興味のある方は
まずはお気軽にお問い合わせください。
担当より詳しく説明させていただきます。